【大学生必見!!!】 資格取得のメリットとは???

資格

こんにちは、ゆあです。

今回は大学生が資格を取るべきメリットを3つお話します。

なんでみんな資格資格言うんだろうと、疑問の人は是非のぞいていってください!

スポンサーリンク

資格取得の3つのメリット

就活に有利になる

正直、色んなところから聞いた言葉だとは思います。

それでも調べてみると就活に資格は意味がないと言っている人もいます。

では、就活に有利とされている場合、どのような点で評価されるのでしょうか?

まず、資格を持っているということはそれなりの技能を持っているということを表します。

会社に入ったあと、いちいち教育をしなくても自分の知識で会社の力になることができるかもしれません。

また、資格を持っているということは資格をとるために勉強したということも分かります。

資格0の就活生と資格をいくつも持っている就活生とでは、採用する側からすれば資格を持っているほうが好印象ですよね。

資格は就活に有利という常識のような認識が世間にある中で何もしていないというのは、あまりやる気がない人なのかと思われてしまいます。

実際に有利不利なのかは置いといたとしても、そういった空気は意外と大きいものです。

自分の人生が豊かになる

資格をとるということは専門知識を身に付けるということでもあります。

こういった専門知識を身に付けていくと、自然と自分の見えている世界が変わってきます

例えば、金融系の資格であるファイナンシャルプランナーの勉強をしていくと、自分自身のお金の管理に知識を生かすことができます。

保険や資産運用等の知識も身についていきます。

こういったものは、自分の人生のなかで切り離せないものですよね。

そういったものに知識があるかないかでは全然違いますよね。

また、自分があまり興味がなかった資格について勉強を始めると、新たな気づきが生まれることもあります。

知識に勝るものはないということです。

就職後に手当てがつく

学生の方が知らない人が多いのですが、資格を持っていると会社によっては資格を持っているだけで手当てがつくこともあります。

不動産業界では宅建士を持っていると、月に1万円手当てが給料に上乗せされるというところもありました。

特に資格取得応援を謳っている企業は、資格を持っていたほうがやはり手当はつくでしょう。

これから何十年と勤めていく会社から、月に数千円でも上乗せされれば退職時までにもらえる給料は全然違っていますよね。

これを知っていたらもっと資格頑張って取ったのに、という学生さんもちらほら見かけます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

資格は一生物とよく言われますが、その具体的なメリットを理解していないと勉強をする気はあまり出ません。

資格は決して就活のためという一時的なことのためだけに役立つわけではなく、その後の人生にも大きな影響を与えます。

いつまでも勉強をするのは嫌だと思うかもしれませんが、何かについて詳しく学習していくことは自分自身を豊かにします。

好きなジャンルからでいいので、資格取得を頑張ってください。

また、特に興味がある資格がないという方は下の記事をご覧ください。

皆さんが紹介していた資格をまとめてランキング化したものなので、1つずつ取っていくというのも良いと思いますよ!

タイトルとURLをコピーしました